「コアトルの心理学探究」 一覧

会社における理不尽 組織防衛のためのスケープゴートにされないように注意せよ

組織というものは大きくなればなるほど、自己防衛本能というものが働くように思われます。   コアトルもまだまだ社会人経験はそれほど多くはありませんが、それなりに大きな会社で、多くのプロジェクト ...

「見返りを求めないこと」はなぜ重要か 決して功徳を積むためではない

世の中にはいろんな偉そうな人がいて、人並みか、あるいはちょっと人より努力したか、あるいはもっとタチが悪いのが、生まれながらにお金持ちで、   悠々と育ってきたような人などが、突拍子もなんの脈 ...

誤解を恐れずに言えば女性の敵は女性だ 女性の社会進出が進まない一番の原因は?

男女共同参画社会基本法が成立してからもう20年近くが経とうとしております。 男女共同参画社会基本法 wiki   しかしながら、今なお日本では、女性の社会進出が遅れており、その基本理念など全 ...

彼女が出来たら注意したい女性心理 「女性は男性の何倍も相手の事を思っている」ということ

コアトルのような経験の浅い醜男がこのような事を申し上げるのは、差し出がましくかつ誠に生意気ではありますが、   やはりそれなりに人生を歩んできて、それなりの歳になって、それなりに多くの女性と ...

「気にしすぎ」てストレスが増大してしまう人は暇なだけ 予定を入れ習慣を変えろ

世の中にはいろんな人がいるというのは万代不易の真理であることは、このブログでも幾度となく言及しているところではありますが、   人間の性格のうち、特に差が大きく、先天的な影響が強いと思われる ...

考える癖がない人はあらゆる点で致命的 その理由や特徴と考える癖を身につける方法

売り上げ部数狙いのチンケな自己啓発本に限らず、あらゆる上から目線な人たちが(もちろん私コアトルを含みますが、、)、よく「考える癖をつけろ」と言います。   「考える癖」などと言われても、普段 ...

嫌われる人の二大特徴 無礼なフリーライドと後出し主張 自覚があるなら早めに直せ

この世のストレスのほとんどは人間関係によるストレスである、というのは天才心理学者アドラー先生の言葉と伝えられますが、   このアドラー心理学を元にヒットした自己啓発本に「嫌われる勇気」という ...

ウルトラマンなどヒーローが負けることに異常に興奮していた幼少期の癖について

私コアトルは別にセンチメンタルな暴露をして炎上させたり共感を得ようという、泰葉みたいな変な趣味はありませんが、   どうもこの癖に関する記憶だけは20代になっても繰り返し思い出されますので、 ...

沈黙が苦痛と感じるようならば結婚は勿論のこと交際も早めに切り上げた方が良い

コアトルは顔中コンプレックスだらけの上、奥手の草食系男子なので、それほどモテたことはありません。   しかし運がよかったのか、あるいは少しばかりテクニック部分で分があったのかわかりませんが、 ...

大人の「人見知り」は克服する必要など全くない 無理に克服してもストレスを貯めるだけ

「人見知り」というのは元々幼児など幼い子供に対して使われるのが一般的でありました。   ところが現代においては、成人した人に対しても、堂々と「あの人は人見知りだから」という言葉が使われ、一般 ...

Copyright© Modern Japanese View-現代日本の中心から- , 2017 AllRights Reserved.