「心の悩み」 一覧

偉くなりたい出世したいなら嫌われることを恐れるな 寧ろ嫌われてこそ出世する

ひと昔アドラー心理学をモチーフにした「嫌われる勇気」という本が流行りました。 2017年8月現在は、再流行の兆しがあると言われるなど、根強い人気を誇っています。   あの本の意図するところは ...

現実逃避は癖になって憂鬱を悪化させるので要注意 脱却する方法について

コアトルは長年、鬱っぽい症状に悩まされてきた、と言うことはすでにいくつかの記事で書かせていただいたかと思います。 気分の浮き沈みが激しいのは非定型うつかもしれないし他の病気かもしれない あらゆるストレ ...

「気にしすぎ」てストレスが増大してしまう人は暇なだけ 予定を入れ習慣を変えろ

世の中にはいろんな人がいるというのは万代不易の真理であることは、このブログでも幾度となく言及しているところではありますが、   人間の性格のうち、特に差が大きく、先天的な影響が強いと思われる ...

管理職も要注意 鬱で会社が辛いと思っている人の特徴と行動特性

電通における高橋まつりさんの過労死事件以降、労基署の動きが活発であるという事実は、もはや人事畑の人間のみならず、   それ以外の一サラリーマンの耳に入るほどになっております。   ...

君子危うきに近寄らず 縁を切った方が良い人の決定的な特徴とは何か

人間関係とは非常に不思議なもので、絶対にこいつとは仲良くなることはない、と思っていたら、いつの間にか意気投合して、   親友とも呼ぶべき関係になることもあれば、   なんとなく波長 ...

自己愛性パーソナリティ障害の特徴と心理分析 付き合う上での注意点は?【ナルシスト】

一昔前までは「人格障害」という言葉で括られていたものが、最近では「パーソナリティ障害」という言葉に生まれ変わっているといいます。   確かに人格障害という言い方だと、いかにも精神病院に入院し ...

「嫉妬されている?」と思ったら 周囲からの嫉妬に対する最適な対処法は何か

「出る杭は打たれるよ」   かの有名なスーパースター矢沢永吉の名言であります。   もっとも、矢沢師匠に登場いただくまでもなく、この出る杭は打たれる文化は、特に同質性を強要する空気 ...

ウルトラマンなどヒーローが負けることに異常に興奮していた幼少期の癖について

私コアトルは別にセンチメンタルな暴露をして炎上させたり共感を得ようという、泰葉みたいな変な趣味はありませんが、   どうもこの癖に関する記憶だけは20代になっても繰り返し思い出されますので、 ...

大人の「人見知り」は克服する必要など全くない 無理に克服してもストレスを貯めるだけ

「人見知り」というのは元々幼児など幼い子供に対して使われるのが一般的でありました。   ところが現代においては、成人した人に対しても、堂々と「あの人は人見知りだから」という言葉が使われ、一般 ...

優秀な人ほどなりがちな適応障害の症状と原因 休職のリスクもあるが甘え、我が儘の側面もある

適応障害と聞けばまず思い出すのが皇太子徳仁親王妃雅子様でありましょう。   皇太子妃の重圧と伝統的で守旧的な皇室のしきたりに適応できずに、2000年ごろから体調を崩し、2004年、ついに適応 ...

Copyright© Modern Japanese View-現代日本の中心から- , 2017 AllRights Reserved.