コアトルの脱毛戦記 結局自分で処理するならブラジリアンワックスが一番である

Pexels / Pixabay
人生の悩み

私コアトルは、これまでいくつかの記事で書かせていただいた通り、いわゆる剛毛男であります。

 

幸いに腕はそれほどではないのですが、逆に言うとそれ以外の部位は基本的に毛深い。

 

腹毛、胸毛、髭、脇毛、スネ毛、、、

 

およそ毛穴の存在するところからは、人一倍に元気で自己主張の強い毛がもうもうと生えてきている。

 

だいたい中学生の頃くらいから、周囲と比べて毛深いことには薄々気づいていましたが、(まあ毛が濃いのに薄々ってこともないんですけどね!)、

 

兎にも角にも、私の思春期以降に形成されたコンプレックスの大半はこの毛深いと言う事実に基づいていると言っても過言ではありません。

 

体毛はもちろんのことですが、特に顔面の毛深さは凄まじく、本当に頬骨のあたり目尻にかけてからも毛が生えていて、いつも鏡を見るたびに絶望します。

 

さて、そんな私のコンプレックスの告白はさておきまして、この剛毛に対してはコアトルは、曲がりなりにも対策をとってまいりました。

 

豆乳から始まり、毛抜き、日焼け、デピミルクなどの除毛クリームなど、あまりお金がかからない系のことは記事に書いたこと以外も含め、ほとんど試しました。

以下はコアトルの剛毛格闘記ですが、正直申し上げて、今となってはあまり参考にならないかもしれません。

体毛が多い人へ 体毛を薄くする方法とコンプレックスの解消法
除毛クリームデピミルクが有能すぎるので紹介する 勝負所で活躍間違いなし
私の青髭格闘遍歴 髭コンプレックスと青髭対処法について
ピンセットでひげを抜くのは無上のストレス解消だが注意点もある

と言うのも、私はついに、兼ねてから試してみようと思っていた、ブラジリアンワックスなるものを試してみて、その結果、いわゆるセルフ脱毛においては、これが最も優秀であると確信したためです。




自分で脱毛するならブラジリアンワックス一択である

コアトルが使ったのは、色々とレビューを読んで良さそうだった、アンジェリカ(ANGELICA)のブラジリアンワックスです。

 

これ、一見すると明らかに女性向けのアイテムなのではありますが、全然男性でもキレーに使えます。(ただし髭は難しいかと思います。)


ブラジリアンワックスがお勧めできる理由

ブラジリアンワックスがお勧めな理由、ポイントですが、おおむね以下のような点が挙げられるでしょう。

明らかに効果の持続性に優れている。

⇨これ、コアトルはそもそも田舎者で、ビビってたのでせいぜいデピミルクのような除毛クリームくらいしか使ったことがありませんでした。

 

これでも使ってすぐはかなりツルツルになるのですが、剛毛コアトルの場合、すでに翌日には雨後の筍のように毛先が生えだしているのです。

 

よく考えれば当たり前で、除毛クリームの場合は毛を溶かしている、誤解を恐れずに言えば、剃っているのと同じなので、あまり持続性はないのです。

 

しかしブラジリアンワックスの場合、毛根から引っこ抜いているので、当然持続性が高いと言うわけなんですね。

 

実際どれくらい長持ちするか、と言うと、コアトルの場合で申し上げれば、ツルツルの期間が続くのが2週間〜3週間、ちょっと生えだしたけど、許容範囲、まだまだいけるぜ、と言うのが6週間程度まで続きます。

 

聞くところによると、最初に使った時よりも、2回目以降の方が効果が長持ちすると言うことですので、2回目以降はもっと長くいけるのかもしれません。

 

これを長いと見るか短いと見るかは個人差があると思いますが、少なくともこれまで無数の剛毛に対して多勢に無勢の方法しか取ってこなかったコアトルにとっては、十分すぎるほど長い効果であります。

 

一方、実際に使ってみて感じたデメリットについても、一応平等に書いておきましょう。

ブラジリアンワックスのデメリット

正直なところ、致命的なデメリットは見当たりません。しかしあえて書くとすれば、、、

 

○抜くときにはさすがに痛い
○ワックス自体が結構固まりやすいので、気をつけて使わないと蓋の部分に付着してしまったりして、あとで蓋を閉じにくくなる。(ただし水溶性のため、ソファーとか衣服についても洗えば綺麗にとれます。)
○肌が生まれつき弱い人には厳しいかもしれない。

 

くらいでしょうか。

 

抜くときはやはり結構痛いですが、慣れてしまえばむしろ快感に思うくらいです。

 

何より本当にキレに抜けるので、痛みよりも抜ける喜びの方がはるかに大きい。

 

コアトルが使ったアンジェリカのワックスは、はちみつがメインで使われているようで、他の成分も無添加と、かなり利用者の肌に配慮したアイテムになっています。

 

太古の昔、女性ははちみつを使って本当に脱毛をしていたと言うくらいなので、まさに温故知新の技術と言えると思いますし、本当に感心しました。

 

と言うことでちょっと長くなりましたが、改めまして結論を申し上げれば、剛毛に悩んでいる方は、特に体毛なのであれば、間違いなくブラジリアンワックスがベストであります。

 

髭はさすがにもうクリニックに行く他ないかもしれませんが、それ以外ならバッチリ、これで大丈夫です。

 

アンジェリカの私が買ったのは、5000円くらいで、ワックスのほか、肌にまぶす用のパウダーと、木べらなど必要なものが一式ついていました。結構量もあって、パッと目算ですが、おそらく1年はこれで持つだろうと言うくらいの量であります。

 

もし体毛の剛毛でお悩みの方には、ぜひ使っていただきたい一品でございます。