ムカつく奴に精神的ダメージを与える方法Part2 大切な人に近づこう

johnhain / Pixabay
人生の悩み

前回ムカつく奴に精神的ダメージを与える方法 共通の欠点を利用しようでは、嫌いな奴の精神を攻撃する心理的作戦を紹介しました。

今回はPart2をお届けしたいと思います。

基本的に、人生における人間関係というのは大部分が心理戦的側面を有しております。

街を歩けば心理学的に研究され尽くした宣伝文句があふれていますし、恋愛だって「気になるあの子をオトす方法」などというのは巷にあふれています。

幸いにも人間はいちいち「あ、これは心理学的にはフット・イン・ザ・ドアテクニックを使ってるな」とか思わないように出来ているので、あまり気がつきにくいのですが、お金儲けが上手い人ほど、こういうテクニックは意識して使っていますし、出世する人も多かれ少なかれ心理学には造形が深い人が多いものです。

geralt / Pixabay

もっとも、何も勉強せずにそういったテクニックを身につけている人が少数ながらいらっしゃいますが、そういう人は天才というものであって、なかなか凡人が其の域に達する事は難しいのです。

まあ、前置きはそのくらいにしておいて今日は、嫌いな奴の大事な人をターゲットにした心理戦法をご紹介しましょう。



距離のある大事な人をターゲットにしよう

ゴッドファーザーという名作映画で、Part1か2か3かは忘れましたが、マフィアの父親が息子にこう語りかけるのが印象的でした。

「敵はお前の愛する人を真っ先に狙ってくる」

、、、ひょっとしたらアルパチーノの「インサイダー」という映画だったかもしれませんが、、、

兎に角この発言は真理です。

敵を心理的に追いつめる場合、本人ではなく家族や親友などをターゲットにします。

これを逆手にとるのですが、早とちりしてはいけません。

あなたが嫌いな人物Aさんがいたとして、そのAさんの親友や友人に対して何らかの攻撃をする、という訳ではありません。

むしろAさんにとっての憧れの先輩、前の部署の上司、彼女の親友、などちょっと距離があって、でも心の中では親近感や愛情を持っているような人物をターゲットにしましょう。

ターゲットに対して具体的に何をするのか

ターゲットにする、といっても、やはりその人に対して攻撃をするわけではありません。

むしろそういう人達と仲良くなりましょう。

そして仲良くしているところをAさんに見せつけましょう。

どういうことかというと、Aさんの親友や、ごく近い同僚などをターゲットにして、そういう人と仲良くした場合、やはりAさんもあなたのことは嫌っている、警戒している可能性が強いですから、既に一次情報として「あいつ(あなた)はウザいよ」みたいな情報が回っている可能性がありますね。

そういう場合、当然警戒される危険性も強いですからあまり懸命ではありません。

しかし、憧れの先輩、前の部署の上司、彼女の親友といった存在に大してはどうでしょう。

普通の人間なら、「悪口を言うのは悪い事だ」という常識がありますから、上記のような人にはことさらにあなたの悪口を言っている可能性は低いです。
(あなた自身にとっての憧れの先輩に、そうやすやすと近しい人間の悪口を言いますか?)

それを利用して、あなたはAさんの憧れの先輩に近づく。

常識的な人なら、余程無礼でない限り、話してくれたり、ランチにいってくれたりはするでしょう。

何かの理由を上手く作って、出来るだけ接触の機会を増やしましょう。

心理学的には、よく接触する人ほど、そうでない人より親近感を持ち易いということですから、これを利用して、しつこくない程度に関係を持ちましょう。

そしてころあいをみて、「俺今日Bさん(嫌な奴の憧れの先輩)とランチいくんだけど〜」などと嫌いなAさんの前で言ってやりましょう。

こうすることでAさんはまず嫉妬します。

そして不安になります。「あの野郎(あなた)、Bさんに俺に関して変なこと言わないだろうな、、、」などと考えを巡らすでしょう。

こうなればあなたの勝ちです。

あなたに劣等感を抱き、自身を喪失し、眠れない日々を過ごすでしょう。

この技にはある程度コミュニケーション能力が必要ですが、大した成果を得る為のものでなく、ただ単に「親しげに話せるような関係になる」という程度の目的ですので、誰にでも出来ると思います。

おすすめ記事
【体験談】プレミアガゼリ菌CP2305のストレス解消効果が半端ない
頭から離れない嫌な記憶を忘れるためにすぐ実行出来る簡単な方法
ムカつく奴に精神的ダメージを与える方法Part2 大切な人に近づこう