恋愛の駆け引きに欠かせない「好き避け」の極意と気をつけたい落とし穴

ionasnicolae / Pixabay
恋愛の悩み

あー、、なんかどっかのネイバーまとめのタイトルみたいにしてしまいましたが、今回は簡潔に、意中の人を落とすのに欠かせないテクニックである好き避けについての心理と極意と注意点を述べていきたいと思います。

 

はじめに断っておくと、こあとるは男性ですので、男性目線で語っていきますのであしからず。




女性相手に好き避けをする場合は下準備が大切

Unsplash / Pixabay

あなたが男性で、気になる女性がいて、その女性とは見知らぬ人以上友達以下、くらいの関係である場合を想定します。

 

(というか好き避けが効果的なのはこういうケースであって、友達以上恋人未満の関係においては、好き避けをする事で案外お互いが冷めてしまう可能性が高いのであまりお勧めはしません。)

 

好き避けの「避け」に注目すると、これはつまり避ける、敬遠する、距離を置く、ということですから、既にある程度の親近感が醸成されており、比較的頻繁に会話をしている関係を築いておく必要があります。

 

そうじゃなければ「避け」ではなく、ただの現状維持になりますからねw

 

まずは積極的に話しかけて、仲良くし、相手のリアクションを見るようにしましょう。

 

このとき、正直に好意が伝わるような話し方をする必要があります。

 

といっても、ニヤニヤして鼻の下を伸ばしながら話すのでは勿論なく、笑いを取りにいくとか、明るく楽しそうに話せばそれで十分好意は伝わります。

 

そのとき、前髪をしきりに触る、などの行為が相手の女性に見られれば、それは脈ありサインと見て宜しい。自信をもって次のステップに進みましょう。

 

その後、女性が他の男性と話しているときのリアクションを見る等して見ましょう。

 

この意味ですが、はっきり申し上げて、遠目で意中の女性を見ていれば、あなたは気づいてなくても向こうは気づいている可能性が高いからです。

 

こうする事で相手に「私に気があるのかも」と妄想させることが出来ます。

 

人間は、いかなる人間であれ、他人に好意を持たれていることがわかると、それだけで自分もその相手に好意を持つように出来ているのです。

 

なのでさりげなくで結構ですので、遠目で観察する癖をつけてください。

 

さて、ここまで来たら好き避けの本番開始です。

ありきたりな好き避けはダメ!相手を欺く賢さを

adamkontor / Pixabay

ここまで来たあなたは、意中の女性に対して、これまでに比べて相対的に冷たく接するようにします。

 

この時最も重要なことは、冷たく接するが、その原因が「極度の過労である」と推定させることです。

 

よく、意中の人とは冷たく接し、他の女性には明らかに好意的に接するようにして、それを見せつけ嫉妬させよう、等と言う説明がありますが、これはあまりおススメしません。

 

というのも、好き避けは既に万国共通で万代不易のありきたりなテクニックになりつつありますから、そんなストレートな好き避けをすれば相手にすぐバレて興ざめされます。

 

だから、あなたが好き避けモードの時に、意中の人と会う機会があれば、当然顔を曇らせ、口数は少なく、ぶっきらぼうに答えて適当にあしらいましょう。

 

これで相手が心配して声を掛けてきたら、素直に疲れてるんだ、ありがとう、といって相手の母性本能をくすぐりましょう。

 

一方、少しばかりの嫉妬をさせることも重要です。

 

この場合、特定の他の女性と好意的に接するよりも、不特定多数の女性に目立つような行為をする事の方が効果的です。

 

具体的には難しいのですが、学生ならクラスで大笑いを取る、会社ならまあ営業成績を良くするとか、部内なら部の飲み会で爆笑を取るとか、、、、

 

そうすると、あなたに興味をもつ女性が増えるのは間違いありませんが、とりもなおさずあなたの意中の女性からすれば、ライバルが増えることに他なりません。

 

別に意中の人があなたを本気で好きでなくても、仲良しのあなたを取られるような気がすると、焦りと言うものが芽生える物です。

 

こうなれば殆どあなたの勝ちで、周囲の女性からも一目置かれるようになったあなたが、頃合いをみて、意中の人を敢えて食事などのデートに誘う。

 

こうすれば相手は安心しますし、その安堵感があなたに対する好意を深める結果になるわけです。

 

中々文章にするのは難しいですが、概ね好き避けのやり方と注意点がお分かり頂けたのならば幸いでございます。