雑記ブログの良いところ、メリットやデメリットに関する個人的な意見

geralt / Pixabay
サイト運営記(副業)

前のエントリで、当サイトModern Japanese Viewの記事数が100記事を超えたことについて触れました。

気がつけば100記事到達 雑記ブログで100記事だとPVはどれくらいなのか

私は他に、完全に収益目的のための専門サイトを2つ持っている一方で、この雑記ブログも運営する中で、結局どちらが良い、ということはまだ中々判断出来る状態には無いと思っております。

しかし、雑記ブログを運営する中で、いい点や悪い点が見えてきたような気がしますので、ちょっとその辺りについてまとめてみたいと思います。

geralt / Pixabay

雑記ブログのメリット

雑記ブログのメリットは大きく3つあるのではないかと思います。

1,ネタが思いつき易い
2,雑記ブログでもミドルワードの上位表示は可能
3,PVの上限が事実上ない

それぞれ詳しく述べたいと思います。

メリット1 ネタが思いつき易い

雑記ブログの良いところは、何と言ってもネタに関して制約が無い事です。

厳密に言えば、一応Adsenseなどの広告を貼る以上は、掲載の条件自体に縛られはするものの(即ち有害コンテンツでない事)、それ以外については特に制約はありません。

ですから記事の作成自体が、他の専門サイトの記事更新よりは遥かにストレスレスで、より楽しい作業となるわけですね。

特に専門サイトを更新していると分かりますが、やはり同じ事について記事を書き続けるのは骨が折れますし、どうしても「アフィリエイト疲れ」みたいなのも発生します。

特に専門サイトで収益目的の場合は、そのサイトがしっかりとした収益につながっていないと、「なんで俺は仕事でもないのにこんな苦行を行っているのか」という疑念にかられます。

雑記ブログの場合、まずこのような心配はありませんし、私自身ある程度自分の思いを文字に起こす事を楽しみとしている人間ですので、前向きに記事を執筆できます。

メリット2 ミドルワードの上位表示は可能

そしてもう1つ、雑記ブログの良いところは、仮に雑記ブログであっても、月5000回程度の検索回数のミドルワードについて、検索上位表示が可能であるということです。

実際当Modern Japanese View-現代日本の中心から-についても、いくつかのミドルワードで3位以内のランクに付けています。(勿論お金のかかるSEO対策等はやっていません。

ですから、サイト自体が何らかのジャンルに特化していなくても、それだけで比較的競争の高いワードで上位表示が狙えないわけではないのです。

人間一人一人、それぞれ別々の人生を歩んでいるわけですから、誰もがありふれた悩みやコンプレックスについて、独自の考え方や克服方法を少なからず見つけているはずです。

それについて自分なりの経験を書くと、ひょっとすると質の高い記事として上位表示される可能性は十分ありますし、また読者の方にとっても、勿論有益である情報となる可能性もあるわけです。

メリット3 PVの上限がない

最後にPVの上限が厳密に言えばない、ということもあると期待しています。(これは期待ベースですが、、、)

専門サイトの場合、どうしても検索エンジンからの流入が期待出来るワード、クエリには限界があります。

また、特定の検索クエリが、流行による増減はあっても、恒常的に伸び続けることは殆ど考えられませんので、どうしてもページビューの天井という制約に縛られます。

一方で雑記ブログの場合は、そのような制限がない上、テールの検索ワードを拾える可能性が高いので、記事数を増やせば増やす程、PVの増加が半永久的に見込まれる、ということです。

専門サイトでは、決まったパイを競争相手とともに奪い合うイメージですが、雑記ブログの場合はもう少しその競争が緩やかです。

これも雑記ブログを選択する1つの利点となるのではないでしょうか?

一部では「雑記ブログは避けた方が良い」、という主張もあり、確かにある意味ではそれは正しいのかもしれませんが、例えば「独特の考え方をしているね」とか「ちょっと変わってるね」などと言われた事がある人(つまり殆ど全ての人だと思いますが)は、雑記ブログを選択することも検討してみてはいかがでしょうか?




雑記ブログのデメリット

良いところばかり書くと不公平ですから、一応デメリットも上げておきましょう。

それは、各記事の質にムラが出来る、ということです。

もう少し具体的に言うと、自分の考えを書く事に没頭するあまり、記事内容に関する他の情報源への調査がおろそかになりがちだ、ということです。

何かを調べる、というのはそれだけで骨が折れますが、専門サイトの場合、読者様の信頼が長期的が非常に重要になりますので、間違ったことを書かないように、念入りに調査をするのが普通です。

しかし雑記ブログの場合は、そこまでの責任を負わなくてよいという根拠のない考えが浮かんで来て、その記事の内容については、自分が持っている知識(場合によってはにわか知識)だけに基づいて記事を書いてしまいがちになります。

その結果、文章の面白さなどではひょっとしたら良質の記事かもしれませんが、専門的知識という観点から見れば、質の低い記事を書いてしまう危険性があります。

実際のところ、雑記ブログであれ専門サイトであれ、読者様の信頼が重要であるという事実にはかわりありません。

この部分をあまりにもないがしろにすると、次第に検索エンジンからも読者様からも評価されない、まさにゴミ記事、ゴミサイトを量産し、インターネットという宇宙に漂う宇宙ゴミを延々と生産してしまう危険性もあるのです。

只、この部分にさえ注意すれば、後は個人の力量、努力次第で、どこまででもPVを伸ばせます。

個人的には、やはり雑記ブログも専門サイトも両方運営する事をお勧め致しますが、専門サイトの立ち上げに際しては、市場調査など十分な準備も必要です。

色々考えても、なかなかジャンルが決まらない、と言う方がいらっしゃるようでしたら、まずは迷わず雑記ブログから書き始めてはいかがでしょうか?

その中で、勝負出来そうなジャンルがクエリの分析などから明らかになれば、スピンオフする形で専門サイトを構築すれば良いのではないかと思います。