アマゾンが全然売れなかった11月 ネット販売が好調の月とそうでない月

geralt / Pixabay
サイト運営記(副業)

コアトルの主要収入源はGoogle Adsenseではなく、意外にもAmazonアソシエイトによるアフィリエイト収益となります。

 

去年の今頃はまだAdsenseの方が割合が高かったのですが、今年に入ったくらいから逆転し、今の今までこの傾向は続いています。

 

今年の9月に至っては売れに売れまして、このまま増加基調が続けば年内には10万円の大台も!という程でしたが10月頃から失速し、11月に至っては9月期の半分程度しか売れませんでした。

 

一昨日に至っては570クリックで注文0個。

fsHH / Pixabay

いつもだったら2%くらいのコンバージョンレートなので、10個以上は何かしらの注文があってしかるべきなのですが、このクリック数で注文0というのは衝撃でした。

「NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃」レベルの衝撃でしたよ本当に。。。

 

で、冗談はさておいて、確かにAmazonに限らず、あるいはネット通販に限らず、物の購買というのはシーズン毎に波があるのは間違いないでしょう。

 

自分の事を考えても、ボーナス月は財布の紐が緩みますし、逆に給料日直前等は少し支出を抑える傾向にあるかもしれません。

 

1年の内、注文が出易い時期と出にくい時期を自分なりに考えてみましたので、まとめてみます。



Amazonアソシエイトの月毎の収益傾向

1月
あまり売れない。
前月はクリスマスや忘年会シーズンのため、出費が多い。その反動で1月は財布の紐が固くなるに違いない。
帰省にかかる交通費やお年玉など、日本独特の謎の出費がかさむため、趣味のための物や装飾品、化粧品には中々お金が回らないのであります。

2月
これまた売れない。
1年で一番寒い時期は心も体も閉じこもりがちであります。
物を買おうという気にならない一方、温泉旅行が増えるのもこの時期。旅行で出費する為に、物の購買は発生しにくい。

3月
売れる。
新生活に向けた準備、超大企業勤務者への期末手当などにより、人の購買欲は高まる。気温も上昇し気分も晴れやかになるため、財布のひもは緩み始める。

4月
売れるが後半に掛けて鈍化。
まだまだ新生活の準備は終わっていない。買い忘れたものや、気持ちの切り替えに、物の買い替え等が盛んな時期であり、財布の紐はゆるむでしょう。

5月
売れない。
GW期間中はAmazonなどのネット販売は売れない傾向にある?でも書きましたが、子供の頃は大好きだったゴールデンウイークはアフィリエイターにとっては魔の期間。

旅行、帰省等で出費がかさむため、物の購買にはお金を回しにくい。もっとも、旅行系の広告なら調子がいいのでは?と思うでしょうが、GWの旅行予約はもっと前からするわけですから、そちらも望みうす。

6月
あまり売れない。
6月はボーナス前の時期。ボーナス前は物があまり売れないと相場が決まっているものです。旅行需要も殆どなく、5月に続きアフィリエイターにとっては冬の期間が続きます。

7月
売れる。
かきいれ時と言っても構わない7月は結構物が売れます。
何と言ってもボーナス月。最近の若者は貯蓄性向が強いと言いますが、そう簡単に貯金出来れば苦労しないのです。
夏本番を前に心も体も開放的になり、財布の紐は緩みます。

8月
売れる。
大学生はバイト期間。社会人はお盆休みで、仕事のストレスはない、家にいるので内向的な家族なら自炊のためお金が浮く。金がある人は旅行に行くが、そのためにこれまで奥様が必死に節約をし積み立てていたので、これによって物の購買が落ちるわけはないのです。

9月
意外と売れる。
秋も始まった頃ですが、世の中は既にウィンターシーズンの服を売り出す。これに合わせて身の回りも早めの冬支度。ファッション、おしゃれについても毛色の違うものを新調します。

10月
あまり売れないが後半は売れる。
10月は寒くなってくる。寒いとそれだけでイライラする。「最近夏と冬しかなくない?」、「そうそう、春とか秋はほぼないに等しいよね」等と言う会話が聞こえるのもこの時期。
そんなストレスも相まって、物を買ったりしなくなるが、月末は謎の流行を見せているハロウィンがあるので、パーティに向けて身の回りをこじゃれた感じに装うために財布の紐が緩むでしょう。

11月
売れない。
ボーナス前という鬼門。さらに寒くなるというストレス。忘年会の出費が予想され、気が重く、財布の紐も固くなる。

12月
バカ売れ(すれば良いな)。
これまでの理屈で言うと売れる。ボーナス月というかきいれ時。プレゼントをネットで買う人も増えて来た今日この頃、サイバーマンデーというネットでの大売り出しのイベントもこの月にある場合が多い(日本の場合)。

というわけで、売れる月は3月、4月、7月、8月、9月、12月の6ヶ月、売れない月は1月、2月、5月、6月、10月、11月あたりでしょうか。

そうするとここ二ヶ月は隠忍雌伏を余儀なくされましたが、来月は売れる12月!

ここでなんとか挽回したいものですが、一番良いのは月によってそれ程収益が変動しないようなアフィリエイトポートフォリオを構築するでしょう。

例えば売れない1月にも、個別の商品で見ると売れる商品と言うのは沢山あるはずです。

そういう商品の紹介に特化したページをいくつか持っておく、等と言うことは、リスクヘッジにおいては非常に重要なのかもしれません。