文系の大学院に行くなら国立の大学院以外選択の余地なし 進学の心構えについて

honeydrops / Pixabay
コンプレックス

今は少し景気が良くなってきているので、内定率も高いようですが、これが少しでも悪くなると、途端に不本意な就活結果に終わった学生が、大学院の進学を目指し出します。

 

理系の場合、大学院に行くことはある程度市民権を得ており、専門分野の研究を一層深めて行くための進学はある意味普通ですし、企業側もそれを評価します。

 

しかし、文系大学院への進学を考えている場合で、その先に学者としての道を描いているのではなく、単に就職活動の2年間の延期、程度の心構えでいる場合、人生破綻のリスクがありますので、いくら注意しても注意することはありません。

 

大学院の設置が進んでいる一方で、その就職先が微妙なのは、すでに多くの大学生が知っていることではありますが、それでも、進学試験そのもののハードルが、大学受験に比べて非常に低いことなどから、安易に進学をしてしまう人が今尚後を絶ちません。

 

私自身が文系の大学院出身者なので、もちろん説教する気などさらさらないのですが、私は比較的うまく大学院進学を乗り切ったと思っておりますので、ささやかな成功談として、いくつか情報をまとめられればと思います。



文系大学院に行くなら絶対国立に!できれば首都圏に!

rootport / Pixabay

これは当たり前の事実で、皆さんも当たり前に思われるかもしれませんが、それでもなお声高に主張しておきたい。

 

もちろん、純粋に研究がしたい、というモチベーションの方は、どの大学院に行くか、ということと同じくらい、どの研究室に行くか、つまりどの先生に師事するか、ということが重要になりますので、この議論は当てはまりません。

 

しかし、就職活動の延期目的で進学するようなケースでは、とにかくネームバリュー命です。

 

極端な話、東京大学か、京都大学か、ちょっと譲って大阪大学か一橋大学か、この4つ以外は基本的にNGといってもいいくらいです。

 

この3つだと、あなたがいくら阿呆な大学(学部)卒でも、それなりの人物として扱ってくれるようになります。

 

それによってあなたにも自身が芽生え、面接でよく映えて、結果的にいい就職先にありつけるかもしれません。

 

また、首都圏の場合、明らかに就職活動が楽ですので、やはりできれば東京大学の大学院に進学するのがいいと思われます。

 

東京大学の大学院進学に関しては自身の経験も踏まえて以下のエントリにも記載しておりますので、よかったらご参考にされてください。
学歴コンプレックスをこじらせたら、、東大大学院への進学は検討の余地あり

原則論はやはり不本意でも就職しろ

こういうと身もふたもないのですが、就職活動がうまくいかなかったからといって、何も人生悲観する必要は全然ありません。

 

これは私自身、社会人としてすでに3年近く働いていて思うことですが、景気がちょっと上向けば、いくらでも転職できるようになります。

 

今や転職市場も徐々に規模が大きくなってきており、転職のためのエージェントも競争が激しくなっておりますので、転職の環境は日増しによくなっていることは間違いありません。

 

不本意であったとしても、まずは就職してしまうのが一番いいのです。

 

で、そこでお金をためて、盗める知見や技術やノウハウはなんでも盗んで、資格などを取得したり、配属された部署の職種を一生懸命学べば、あなたを欲しがる会社はいくらでもあるのですね。

 

しかも、転職の場合は、学歴を見る比重は、新卒時のそれよりもうんと低くなります。

 

前職で何をやっていたか、の方がはるかに重要になりますので、もしあなたが不本意な就活結果に終わって、大学院進学を考えておられる場合には、今一度、それらを踏まえて考え直して見るのがいいかもしれません。

同じ大学の大学院への進学という甘い罠に騙されるな

AlexSky / Pixabay

私立大学に限らず、地方の駅弁大学と呼ばれるような国立大学であっても、大学院へ進学してくれる学生集めには困っているケースが多いです。

 

定員割れは、そのままその大学院への評価下落、不要な風説の流布などを招きますので、なんとかこれを避けようとしています。

 

その対策の一つとして、自大学の学生の囲い込み、というのがあります。

 

もし同じ大学の大学院に進学してくれるなら、例えば入学料を免除したり、1年目の授業料を半額にするなどして、バナナの叩き売りのように大学院の椅子を売り叩くのです。

 

基本的に、大学院への進学を希望する学生がいた場合、ネックとなるのはその受験の難易度というよりは親の反対、特に経済上の問題でしょう。

 

どの家庭も、まさか文系の我が子が大学院などに進学するとは夢にも思っていませんので、家庭の経済計画に狂いが生じてしまう可能性が高い。

 

この障害を乗り越えるのに、「今の大学の院に進学すればかなり安いよ」というのは、親を説得するには十分な説明になりうるわけですね。

 

こうやって、結局自大学の大学院に進学するのですが、これだともうなんというか、いかにも惰性でモラトリアムを延長したように映ってしまいますので、一番避けた方がいいパターンです。

 

もし就活の延長のために大学院に進学するなら、少なくとも今より偏差値の高い大学に進学するようにしましょう。

大学院受験生に贈る言葉

Peggy_Marco / Pixabay

大学院の受験には、学歴コンプレックスをこじらせたら、、東大大学院への進学は検討の余地ありでも述べましたが、概ね、専門分野の筆記試験、英語、面接の3つのハードルが存在します。

 

ほとんどの場合、筆記試験の点数で大勢は決しますが、ボーダーラインにいる場合は、面接でふるい落としが実施されます。

 

全ての面接で聞かれるかはもちろん保証できませんが、もしあなたがボーダーラインにいる場合、「もし落ちたらどうしますか?」という質問が飛んでくる可能性が高い。

 

この場合、「来年もう一度受験します。」というのが模範解答でして、文系の大学院に進学するなどという救いのない状況のあなたは、もし落ちたらなんと浪人して来年また受けるなどと、ほざいている、本当に落としたらますます救えない、、、と面接官に思わせたらあなたの勝ち、きっと拾ってくれることでしょう。

 

もし、「就活を再開します」とか「別の大学院に行きます」などということを言えば、その時点でアウト。きっと他に熱意のある子を合格させてしまうことでしょう。

 

最後に、文系における、モラトリアム延長としての大学院進学は、仮に東京大学への進学であったとしても、手放しに喜べるようなものではない、ということを理解しておきましょう。

 

あなたに猛烈な学歴コンプレックスがあり、どうしても不本意な就職先には行けないと半ばノイローゼに陥っており、大学院に進学した場合の2年間の計画を冷静に立てる事が出来る自身がある、そういう人だけが、審判の日を生き延びる事が出来るのだ、ということを肝に命じておいていただければと思います。