【体験談】プレミアガゼリ菌CP2305のストレス解消効果が半端ない

3dman_eu / Pixabay
お役立ち情報

このブログのテーマにふさわしく、今日は私が新たに発見したストレスの解消法についてご紹介いたします。

最近あの天下の優良企業のカルピスが、新しい菌を発見した模様で、それを商品化しています。

それが、プレミアガゼリ菌CP2305という飲み物。
カルピス 届く強さの乳酸菌 プレミアガセリ菌

味はとにかく甘ったるい。

お母さんが水で薄めて作ってくれるカルピスに比べれば、ほぼ原液に近いような甘さですが、量はそれほど多くないので、嫌味なく飲み切れます。

このプレミアガゼリ菌CP2305がすごいのは、効果として、通常の乳酸菌飲料にありがちな腸内環境の整備、というものだけでなく、

ストレスホルモンの抑止による、不安解消、ストレス解消、安眠効果などを有しているということです。

乳酸菌の一種なので、通常の乳酸菌と同様に、腸内環境を整える効果を有していますが、ガゼリ菌CP2305が他の乳酸菌と異なるのは、その持続力です。

そして、その持続力こそが、脳腸相関というメカニズムを通し、ストレス解消という、乳酸菌からは想像できないような効果を発揮するというわけですね。

従来の乳酸菌は腸内で悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きによって腸内環境を整えます。しかし、腸内への定着が強くなく、改善効果は一時的なものになるデメリットがありました。
一方で、「プレミアガセリ菌CP2305」は、腸になじむ性質を持っています。そのため腸内細菌の構成メンバーとなり善玉菌を増やしながら、腸管に刺激を与え、脳腸相関を通じて生体機能を正常に保ち、腸内環境を整えます。

引用元:マンガでわかる「プレミアガセリ菌CP2305」|知る・楽しむ|CALPIS



ガセリ菌CP2305がストレスに効く仕組み

このストレス社会において、しかもこのようなブログを読んでいただける皆様はすでにご存知のことと思いますが、我々がストレスを感じる時、

コルチゾールあるいはノルアドレナリンというホルモンの分泌が大きな影響を与えています。

本来ストレスは生きていくためには必要なものであり、一時的なストレス下において、持てるパワーを最大限に発揮できるよう、こういったホルモンが働いてくれるおかげで、

我々は危機を乗り越えることができるのです。

しかし、現代社会におけるストレスは、天敵から捕食されそうになる、などという一時的なイベントであることは稀です。

むしろ、会社や家庭の人間関係や、長く続く経済的苦境など、慢性的なストレス環境に直面することが多い。

こういった場合、コルチゾール、というストレスホルモンが延々とで続けてしまうことで、

☑️ 海馬が萎縮し記憶力が低下したり

☑️ 無気力、無関心状態に陥ったり

☑️ 常に不安を感じ抑うつ状態に陥ったり

☑️ ついにはうつ病になってしまう

恐れもあるのです。

ガセリ菌CP2305は、継続して摂取することで、このコルチゾールレベルを低下することが研究で裏付けられたのです。

実際、ストレスを感じている被験者を、ただのカルピスっぽい飲み物を飲むグループと、ガセリ菌CP2305を飲むグループに分けて、

のちにヒアリングを実施したところ、後者のグループでは明らかに抑うつ症状の改善、不眠の解消などといったストレス改善効果が確認できたというわけです。

この辺りの説明は、Lactobacillus gasseri CP2305株の抗ストレス作用ならびに脳血流に及ぼす影響など、カルピスのHPに記載の講演集などに詳しいです。

私のプレミアガゼリ菌CP2305体験記

プレミアガゼリ菌CP2305は、残念なことに東京のコンビニでもあるところとないところがあります。

私はプレミアガゼリ菌CP2305がストレスに効くという噂を聞きつけて、いくつかのコンビニを周り、ようやく八重洲側のセブンイレブンで発見し、一週間ほど継続して飲んでいます。

私はストレスに非常に弱い性格であり、またここ10年ほど、慢性的なストレス環境にいたことで、すでに無気力、無関心、抑うつ、マインドワンダリングなど、

うつリスクの高い状況下におります。

このプレミアガゼリ菌CP2305を飲んだ結果、完全に主観ではありますが、以前よりも嫌なこと、嫌な記憶に思いを巡らすことが少なくなりました。(マインドワンダリングの回避)

一方安眠効果、という面では、まあ私はもともと不眠症ではないので、あまり効果については言えない部分も多いですが、

まだ朝の目覚めの良さなども含め、あまり効果は実感できていません。

ただ少なくとも、上述のように、嫌な思いを四六時中することは少なくなってきましたので、コルチゾールレベルの低下をまざまざと感じさせられています。

最近はあんまり効くものだから、個人的に気になっていたセントジョーンズワートという抗ストレス効果の高いサプリも併用し出しました。
セントジョーンズワート

こうなってくるとどっちの効果が高いのかわからなくなってきますが、まあ併用したのは最近なので、まだ効果ははっきり出ていないことを考えれば、

やはり、プレミアガゼリ菌CP2305単体でも充分効果があると思われます。

コンビニ以外だと、むしろ西友とか大きなスーパーマッケットの方が在庫があるようですので、気になる方は近所のスーパーやコンビニを回って、まずは一週間ほど、継続して試してみてはいかがでしょうか?

また、サプリでガセリ菌 CP2305を摂取したい場合は、カルピスのオンラインショップ限定でサプリを購入できるらしいので、こちらも試してみるといいかもしれません。

カルピスオンラインショップ