人間関係が上手くいかない原因は自分にある 自分のパターンを理解しよう

ladybugkreativ / Pixabay
人生の悩み

人間関係問題のパターン分け

人間関係の悩みは、他のエントリでも書いたが、現代人のストレス要因の1つである。

 

人間関係が上手くいかない場合、概ね「他人が嫌いでムカついてイライラする」「他人から嫌われて疎外されている気がして病む」かどちらかのパターンに大別される。

 

精神的に破綻するリスクが高いのは後者の方で、一般にこういう人のことをお人好しと呼んでいるのだが、これの従兄弟みたいな状況として、「他人から嫌われており、具体的な妨害をされる」ケースもあり、これについても後で詳しく述べたい。

他人が嫌いでムカついてイライラする

「他人が嫌いでムカついてイライラする」については原因を深く究明しないと何とも言えないが、あなたが嫌いな人を、10人中8人〜9人が「嫌い」と思っているならば、あなたは大まかには間違っていない。

 

但し、嫌いな人がいるくらいで鬱病になるほどのストレスを感じるのは稀であって、大体それでストレスになって病むのは、その嫌いな人との接触機会が多い場合が多く、さらにその嫌いな人に対して自分が弱みを持っている場合が多い。

 

例えば上司、例えば同じプロジェクトの同僚、などのケースである。

 

こういう場合、あなたがそういう人を嫌いと感じる原因は、あなたがある部分で弱みを持っているケースが大半で、上司は当然力関係上弱い立場だし、同僚の場合は、その同僚の方が仕事が出来て嫉妬してしまっているか、あるいは明らかに馬鹿で仕事ができないのに、口だけはあなたより上手いから、周囲を(間違った方向に)巻き込んでいって、あなただけが取り残されるような場合。

 

前者の場合、あなたの年次が若いのが問題だし、後者の場合、あなたが能力がないか口べたなのが問題である。



他人から嫌われて疎外されている気がして病む

他人に嫌われて、疎外されている様な気がしてストレスを感じる場合、これはそもそもストレスに感じる必要はないのに、ストレスを感じているあなたに原因がある。

 

他人にもし本当に嫌われているのなら、当然原因があるのであって、あなたに原因があることについて他人から疎外される結果となったのに、それについてストレスを貯めるのは本当に愚の骨頂で、あきらめるより他ない。

 

ただ、本人に「嫌われる原因」がある(例えば人の話を最後まで聞かない、人の話を頭から否定する、人の悪口ばかり言っている、人を馬鹿にする)場合、そういう人は相当ずうずうしいし、厚かましい、面の皮が厚いタイプが多いので、実は意外と、こういう嫌われる原因があって、それを理由にのけ者にされる系の人は、ストレスで病んだり、鬱病になったりはしないものである。

他人から嫌われており、具体的な妨害をされる

そこで問題なのが、「周囲から嫌われていて、具体的に妨害を受けている」ようなケース(これについては精神的にダメージを与えるような無視、などの行為も含むのだが)については、殆どの場合、あなたへの嫉妬が原因であって、どのみちこれもあなたに半分くらいの原因がある。

geralt / Pixabay

嫉妬、というのはかなり繊細で微妙な感情で、誰も彼も、自分より能力がある人について嫉妬するわけではない。

 

そんなことをしていたら、テレビに出ている高名な人物、金持ち、スポーツ選手に誰もが嫉妬して世の中もっとストレスだらけだ。

 

しかし、そんな憧れ程度のものではなくて、人間関係を破綻させるリスクのある嫉妬、というのは、簡単に言えば、「なんであんなやつが」という気持ちに起因した嫉妬である。

 

もしあなたが嫉妬されている場合、基本的に「あまり格好よく無い」、「姿勢が悪い」、「服のセンスがない」など何らかのダサさや、怠け者イメージをまとっているはずである。

 

それらのイメージと、実際の能力、成果のギャップが大きければ大きいほど、人は嫉妬をしやすいのである。

 

だから、「嫉妬されている」と感じても、それをとりもなおさず「自分は絶対的に、周囲より能力があるのだ」と勘違いしては行けない。

 

相対的に能力が高いのは間違いないが、あなたより能力の高い人は周りにいて、その人は嫉妬されていない、というケースなど往々にしてあり得るのである。

 

ここを間違えると、増々天狗になって、増々嫌われて、こうなるとかなり陰湿なイジメを食らうようになるのである。

 

こういった人間関係上よく陥りがちな過ちは、社会に出る前に、学校生活、クラブ活動などでなんとなく学習するものであるが、それが出来いまま社会に出てしまった場合、つまはじきにあう事例は少なくなく、そういう場合、転職するしか道がなくなるほど困窮する。

 

そういった事を避ける為にも、まずは自分の身を振り返って、謙虚に構え、姿勢を正し、実直に、小さな事からコツコツを実績を積み上げていくことを心がけるのが良いだろう。

まとめ

「他人が嫌いでムカついてイライラする」場合、あなたに嫌いな人に対する弱みがある。

 

「他人から嫌われて疎外されている気がして病む」場合、あなたが100%悪い可能性が高いが、そういう人はストレスで病みにくい。

 

「他人から嫌われており、具体的な妨害をされてイライラする」場合、周囲があなたに嫉妬している可能性が高い。

 

嫉妬されている=自分の能力が絶対的に高い というのは間違い。

 

謙虚に、誠実に、姿勢を正し、言葉使いを改め実直に生きるよう心がけよう。



最後までお読み頂きありがとうございました。
少しでも真理だと思ったら、シェアして頂けると嬉しいです。