私の青髭格闘遍歴 髭コンプレックスと青髭対処法について

nkostyshev / Pixabay
コンプレックス

Pexels / Pixabay

私(コアトル)は以前いくつかの記事で、体毛が濃い、ということを書いた記憶があります。

体毛が多い人へ 体毛を薄くする方法とコンプレックスの解消法

正確に統計を出したわけではないのでわかりませんが、体毛が濃いのに髭が薄い(髭以外の体毛が濃い)人は殆どいないのではないかと思います。

 

一方で髭が濃いが体毛が薄い人はある程度いそうなイメージです。

 

ですから、体毛が濃い時点で、天賦の青髭としての才能があると言って差し支えない。




青髭は体毛問題の中でも特に厄介

胸毛や腹毛、というのは、通常、日常生活で他人に披瀝することはほとんどありません。

 

夏場、肌シャツを着ないでボタンダウンのシャツを着てしまったりすると、ボタンと次のボタンの間からもじゃっとした毛が見えてしまうリスクはあるのですが、

 

体毛にコンプレックスを抱く我々は、そう言ったリスクには敏感ですから、顕在化することはほとんどありません。

 

ところが顔の髭の場合、まさか顔面を、イスラム教徒の女性がつけるようなアバヤやヒジャブで覆って会社に行くことも相当難しいです。

 

(だいぶ進歩的な会社なら、「今日からイスラム教に入信しました」と言ってヒジャブを纏って行っても大丈夫かもしれませんが、時節柄、イスラム国に参加したのではないかと訝しまれるリスクがあり、そちらの方がよほど危険です。)
イスラム圏の女性の服装

 

というわけで、基本的には、できるだけ深く、綺麗に剃ってから外出する、という選択肢を、普通の場合は取らざるを得ないのです。

中学時代から生えた髭

少し私ごとになりますが、コアトルは中学校2年生くらいから、本当に放っておくと夕方には3メートル離れたところから見ても、髭が生えてきているのが悟られるほど髭が濃かったのです。

 

正直なところ、中学生くらいでも、顔の顎に髭が生えてくるような学生はいますが、コアトルの場合は、頬からもかなり太い髭が濃く生えてきていました。

 

大体、そんな若い時から髭が生えるような生徒というのは、キャラ的にもいかにも体毛が濃そうな奴が多いのですが(コアトルの偏見かもしれませんが。。。)

 

私の場合、キャラ自体は爽やか系(自分で言うと相当程度恥ずかしいですが)で通っていたので、

 

そんな自分に頬からもじょりじょりした髭が生えてきているのに耐えられませんでした。

 

私の場合、顎はもちろん、頬、口上だけでなく、目尻のあたりまでも産毛のようなものが生えており(今も生えていますが)、

 

特A級の青髭野郎であることは間違いありません。

 

私の髭との戦いは、そんな若い時代から始まっているのです。

いろいろ試したが気休めが多い

Gellinger / Pixabay

話を本筋に戻しますが、青髭にコンプレックスを持っていた私は、なんとか同世代の、せめて普通レベルの髭の量に見せることができないかを模索しておりました。

 

ネットを漁れば色々出てきますが、対策は大きく2つに分かれるでしょう。

①髭を深剃りする

②科学の力で髭を薄くする

髭をいかに深剃りするか

byrev / Pixabay

コアトルは中学2年生の頃からT字カミソリで髭を剃っていました。

 

当時は、髭を剃らねばならないほど、髭が生えていることを親にも悟られたくなかったので、こっそりこっそりと、父親の使っていたカミソリを使っていたのです。
(もちろん毎朝洗面台で剃るのでバレていたとは思いますが、「話しかけるなオーラ」を最大限に出していました。)

 

父親はどちらかと言うと容姿に疎い方で、同じカミソリの刃を1ヶ月以上使い回すような人間でしたので、

 

髭剃り環境は良いものではありませんでした。

 

そこで、良くない歯でもいかに深剃りするかと言うことを熱心にネットで調べたものです。

☑️ 髭起こしをやる(髭が生えているのとは逆の方向にぐーっと起こすように顔をこする)

☑️ 石鹸をシェービングクリーム代わりにする

☑️ 逆剃りをする

☑️ 剃る時はゆっくり剃る

などであります。

 

こう行った方法を私は律儀に実践しておりましたが、やがてどうでもよくなりました。

 

と言うのも、髭とは毎日、毎朝の貴重な時間の中での戦いを強いられます。

 

一生懸命深ぞりをして、綺麗に剃れる方法を試しても、結局次の日には、剃らずにはおかれない髭がびっしりと生えてくる。

 

この不毛な(実際には毛があるから困っているのですが)戦いにほとほと疲れたのです。

 

今となっては、「本来夕方ごろに青髭になるところ、今日は3時くらいかな、、、」くらいの手応えでも、割と平気です。

 

平気というと語弊がありますが、もうコアトルも20代の後半ですから、髭が生えていること自体にはコンプレックスもありませんからね。

 

ただ、10代、特に高校生くらいの時は本当に辛かったのを覚えています。

電動シェーバーも試したけれど、、、

高校生になって、電動シェーバーを親に買ってもらった記憶があります。

 

当時1万円くらいの、まあ上位モデルといえば上位モデルですが、最高レベルのものではありませんでした。

 

当時あまり電動シェーバーのことを知らなかったのですが、これがまあ剃れない。

 

どれだけゴリゴリ剃っても、剃り終わった後の剃り残し感といえば半端なく、速攻で無駄な買い物をしたと悟りました。

 

その上定期的な洗浄、乾燥をしないといけないという。

 

唯でさえ髭との戦いで貴重な時間を消耗しているのに、剃れないくせにそんな手間まで掛けさせるという。

 

これではなんの役にも立ちません。(もちろん髭が薄めに生えている人にはおすすめなのだと思いますがね。)

 

それから10年ほど経って、ようやく今の最高級モデルだと、T字カミソリで深剃りしたのと同程度のレベル感でそれるようにはなったと、会社の先輩から聞きました。

 

もし濃い青髭で悩んでいる方で、電動シェーバーを検討している場合は、少なくとも3万円程度以上の物を買わないと、

 

全くゴミ同然のものを買うに等しいことになりますので、十分注意してください。

科学の力で髭を薄くする

と言っても、私は別にメンズTBCとかで、髭脱毛をしたわけではありません。

 

当時色々ネットで情報を漁った結果、世の中には抑毛ローションという商品があることがわかったのです。

 

で、早速御用達の東急ハンズ池袋店(当時)に行って、それっぽいものを買いました。

それが確かこの「パイナップル+豆乳ローション」。

 

どうせ効かないだろうと思って買いましたが、予想通り特に変化はありませんでした。

 

いや、あったのかもしれませんが、少なくともはっきり分かるほどの変化はなかったのであります。

 

あんまり腹が立ったので、以前紹介したデピミルクで胸毛、腹毛を除毛した直後に、このローションを塗りたくって使い切りましたが、

 

体毛全般についてもそれほど効果は実感できませんでした。

 

結局髭、というものは、毛根がある限りは戦いを続けなければならないと悟っています。

私の青髭対策

私は現在、シンプルですが、ジレット フュージョンのT字カミソリを使っています。

 

シック ハイドロの方が良い、という人も多いのですが、おそらく髭質や肌の適合度が人それぞれのため、使い心地に差異が発生するのかと思います。

 

シェービングクリームは定番のシック 薬用シェーブガード。

 

このコンビは多分青髭で悩む人たちの半数以上が使っているのではないかと勝手に想像しますが、

 

もし他にもっといい物があったら是非教えていただきたい。

夢の髭脱毛

2017年現在、青髭対策は進化を続けていて、例えば自宅でエステ級の脱毛ができるという触れ込みのケノンや、

 

男性向けの脱毛プログラムなども、電車の広告で見るようになりました。


脱毛器だと7万円程度、クリニックだと対象部位によって様々ですが、最大でも10万円程度ということで、値段的にはそれほど差がありません。

 

これら文明の利器も、結局のところは人によって効果が大きく異なるのではないかと思っています。

 

お金をかけて髭脱毛をしたけど、結局無意味だった、などという声も良く聞かれますからね。

 

ただ、せいぜい10万円で、毎朝の髭との戦いと、青髭のコンプレックスから解放される可能性が少しでもあるなら、

 

そろそろ挑戦しようかな、とも思っております。

 

何事もやってみないとわかりませんからね。

 

実はコアトルの今年の目標には、髭の永久脱毛をする、というのが含まれていたりします。

 

実際に実行できるかはわかりませんが、もし脱毛をしたら、結果や経過について是非共有したいと思います。